輝く女性たち

徳永玲子さん / パステルアートワーク れもんはーと

tokunaga_01  パステルアートとは、パステルというクレヨンに似た画材をサラサラの粉にして、指またはコットンなどで描くアートです。パステルの粉が淡く柔らかく伸び、その色の優しさに安らぎを覚えます。また指で紙や粉の質感を感じ夢中になってしまうところは、幼い頃の素直で温かい感覚と似ていて、「観ても描いても癒されるアート」と言われる所以がここにあります。このアートに出会った時は、15cm四方の小さいその絵の奥に、心に響く不思議な安らぎを感じました。その魅力を更に深く求めて講師の資格を取り、描き方魅せ方を日々研究してきました。そして縁があるところからお教室を開かせていただくうちに、少しずつこの楽しさが広がって来たことを感じます。

 いわゆる学校での図工や美術の授業で自分の作品に何らかの評価を受けてきたからなのか、自由に好きなように描くことを苦手としている方がとても多いことに気付きます。実は私もその一人でした。しかし私が考えるアートとは自分自身の表現です。評価もせず上手下手も問題ではありません。老若男女誰でも簡単に楽しめ、共感しあえることこそが大事だと思っています。この想いとレクリエーションの概念とが一致しているのに気づいた私は、新たにレクリエーション指導者の資格を取得し、レクリエーションアートワークという今までにないジャンルを創作しました。子供たち、または障がい者や高齢者の福祉施設などが対象で、「参加者が共感し楽しめる素材」のパステルアート主体のオリジナル講座です。長崎県内どこでも出張訪問します。ここではお互いが認めあい響きあい、笑顔いっぱい喜びいっぱいです。「麻痺がある指で一生懸命描くうちに動くようになった」とか、いつも暗い顔をしていた方が「明日に繋がり生きる力が湧いた」などと笑顔で元気になっていく方々の姿に励まされると、自分のあるべき道が見えた気がしました。

 

 

 さらに、私は障がい者の地域生活支援にも携わっており、障害や病気がある事で社会や人々と離れている孤独でいる人達が大勢居ることを知りました。このような方々が地域生活を送る中で少しでも社会との繋がりを感じ得られるには、一緒に制作した作品を一般の方々に観てもらうことが社会や人々との接点になると考えました。皆さんで制作したパステルアートの作品の他にも、工作なども盛り込んだ現代アート作品などを発表してきました。今後もどんな作品が出来上がるか楽しみです。
 パステルアートはすべての世代に親しまれ、介護予防やリハビリテーションプログラムとしても活用できます。これからも、高齢者も子どもたち、そして障害のあるなしに関わらずどんな人も社会で共生していけるような支援事業をもっと創造し、アートと通じていきたいと思っています。

 

tokunaga_02

 

DSCF2916   働き方や生き方はそれぞれの考え方や取り巻く環境により様々です。私も子育て専念の時期が長くありましたが、その間は満足感や達成感を味わっていました。ご自身のライフスタイルを楽しんでいる方は、専業主婦であろうが仕事中心の女性であろうが輝いています。違う自分を見つけることや新しいことへ挑戦するチャンスは、年齢や経歴に関係なくいつでもあると思います。私もまだまだ広い視野や見聞が必要です。アーティストとしてももっと腕を磨いて人々を癒し感動させられるような作品を創作し、皆さんにお届けするのが願いです。私のアイデアや活動を「地域の財産だ」と評価してくださった方々からの言葉を胸に、今後も前進していきたいと思います。 

ライフ年表

 30歳 母親が亡くなり、人生について考える。
 42歳 医療機関に勤務したことでメンタルケアに深く関心を持つ。
 43歳 パステルアートと出会い、インストラクターとなる。
 46歳 障がい者支援に関わる。
 49歳 国家資格精神保健福祉士合格。

  • 仕事(活動)と家庭の両立で工夫していること
  • 私の場合、家族の協力はほぼ得られないので、早め早めのきっちりとしたスケジュール管理をしています。そのため依頼を受けてもお断りせざるを得ないこともありますが無理が出ないように調整します。スケジュール帳は片時も手放せません。

  • プライベート(休日)の過ごし方
  • 家では海を臨むベランダで風を感じたり星を眺めてリラックスしています。あまりに心地よいときはそのままウトウトしてしまうことも。
    また自称美食家ですのでイタリアンやカフェで気になるお店を見つけると、県外まで出向くこともしばしばです。

  • これからしたいこと(今後の目標)
  • 高齢者でも子どもたちでも障がいがある人も健康で元気な人でも、差異の無い空間でどのような人も一緒に創作活動が出来たらと考えています。
    またパステルアートとその他のジャンルのコラボレーションや、現代アートのインスタレーションとして、など様々な新しい形の表現活動を行っていきたいと思います。