輝く女性たち

岡村 真理さん / Go!Go!ともっち 3代目ブロガー

 

 

 

 

 

 「長崎の魅力を多くの人に伝えたい!!」

 これが私の学生時代からの夢でした。

 2015年3月から、長崎県の「通」な観光情報を発信するブログ「Go!Go!ともっち」(長崎県観光振興課のブログ)の3代目ブロガーとして活動しています。

 

岡村真理さん(グラバー園取材)

 

 

 

Go!Go!ともっち

 初代ともっちによるブログスタートが2005年11月なので、かれこれ13年目になる老舗ブログです。

 おかげさまで現在では、「国内旅行ブログランキング」で常に上位にランクインする人気ブログに成長しました。

 

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 ◆長崎観光ブログ「Go!Go!ともっち」

 http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/

 

 みなさんがより長崎を楽しんでいただけるよう、旬の情報をいち早くキャッチして 県内の津々浦々を取材し、週3回ほど記事を更新しています。 

 仕事柄、自治体の方、地域づくりの活動をしている方、個店のオーナーさん、観光客など、多種多様な立場の方にお話を伺う機会があります。

 さまざまな価値観に触れることで、自分の視野も少しずつ広がっていくような気がします。  

 

 観光・イベント・グルメ、どれをとっても魅力いっぱいの長崎県!

 ガイドブックにはまだ載っていない地元ならではの情報をブログ「Go!Go!ともっち」でチェックしてみてくださいね。

 そして・・・長崎の本当の魅力は、みなさん自身が体験し、感じるもの。

 実際に各地に足を運んで、青い海を、異国情緒溢れるまちの賑わいを、ぜひ感じていただきたいと思います。

テレビ取材 桃カステラ食べくらべ

ずぶ濡れ!漁師体験取材

 

【出身】

 長崎市出身の所謂「じげもん」。眼鏡橋付近で遊んで育ちました。

【性格】

 とにかく好奇心旺盛!人との出会いが宝物ですヽ(´▽`)/

【好きなこと】

 長崎が大好き!趣味は「まち歩き」・「食べ歩き」。

 

(更新 平成30年8月)

ライフ年表

19歳 故郷である長崎を離れ、京都の大学に入学。
   県外に出て改めて長崎の魅力に気がつく。
22歳 卒業論文で長崎の歴史について執筆するため、半年間帰省し、長崎市内で個人的にフィールドワークを行う。ここで多くの出会いがあった。
   卒業後は長崎にUターンし、その3日後に偶然出会った男性(現在の夫)とスピード結婚。
23歳 仕事や主婦業の傍ら、長崎さるく博`06や長崎ウーマンズ・ウォークラリーなどのイベントにボランティアスタッフとして関わるうちに、ますます
   長崎ファンに。 
27歳 長男を出産。
30歳 小学生向け壁新聞「世界遺産ニュース」や文化財イベントの企画などを担当。ここで長崎県の歴史・文化を「分かりやすく伝える」基礎を学ぶ。
   (長崎県教育庁学芸文化課で嘱託の学芸員として勤務)
36歳 長崎県観光ブログ「Go!Go!ともっち」3代目ブロガーに就任。
   (長崎県観光振興課で嘱託職員として勤務)

  • 現在の仕事(活動)を始めるきっかけ又はやりがい
  • ブログの読者から「長崎県へのお出かけ情報は、ともっちブログを参考にしています!」とコメントをいただいたり、取材先の方から「ブログを見たと言って、お客さんが来られましたよ」と連絡があったり。
    私の記事が人の役に立っているんだなぁと思うと、嬉しくてやりがいを感じます。

  • プライベート(休日)の過ごし方
  • 時間が取れるプライベートこそ、何か面白いネタがないかとアンテナを張り、まちをぶらぶらしたり、気になる人に会ったり、イベントなどに出かけています。
    和文化に興味があるので、着物で出かけることも。
    一方、自宅で息子と「何もしない普通の時間」を過ごすのも大切にしています。
    (ちなみに今日は家族でちゃぶ台を囲み、温かい日本茶を飲みながら、かんころ餅をガブリ)

  • これからしたいこと(今後の目標)
  • 「長崎の魅力を多くの人に伝えたい」という学生時代から思い描いていた夢を、仕事として取り組ませていただいていることに感謝しています。
    今後の目標としては、仕事・プライベート共に人とのご縁を大切にし、視野を広げるべく国内外を訪れ、異文化への理解を深めたい。
    そのうえで世界に向けて長崎の魅力を発信し、長崎ファンを増やしていきたいと考えています。

  • 後輩女性へのメッセージ
  • 元々は歴史の研究者になる予定だった私。
    子供の頃から憧れてた歴史のメッカ・京都で学び、博物館学芸員の資格も取得。
    一時は文化財関係の部署に勤務していましたが、そこで任された仕事をきっかけに、気がついたのです。
    私は長崎史の専門的な「研究」ではなく、長崎の魅力を「伝える」仕事がしたいのだと。
    好奇心とやる気さえあれば、人生はいかようにでも軌道修正できると思います。
    あなたも私も、まだ旅の途中。楽しんで生きましょう♪