県の取組

女性の力による地域活性化

女性ならではのアイデアやセンスを発揮して活動する団体やイベントを紹介します。皆さんの活動にお役立てください。 

 

  1 イベントや講座

jyunbi

 

  2 地域活性化に取組む団体

女性のセンスやパワーを原動力にした活動プランを「女性力でながさきを活性化!プロジェクトチャレンジ事業」において地域活性化のモデル事業として支援しました。そのグループ・団体と取組を紹介します。

 

◆パスティNagasaki

食の面から長崎の健康寿命を延ばすことを目指し、経験豊富な管理栄養士の女性が集まって、結成されたグループ。長崎の伝統料理を活かしながら、しっかりと栄養計算をされたレシピを開発・提供する活動を実施。

 

◆アトリエ・ド・ナガサキ

畳の縁や着物の帯などを使ったバッグや小物などの雑貨類を手作りしている女性たちが立ち上げたグループ。日本の伝統をバッグや雑貨として、海外に発信・販売することを目的とした活動を実施。

 

◆木花咲耶姫(このはなさくやひめ)

五島列島の奈留島の自分たちの力で地元を元気にしたいという女性が集まったグループ。 五島市の特産物である椿油を活かしたオイルテラピーを地元の方や観光客向けに提供。

 

◆南串よかとこ隊

雲仙市南串山町在住の地元を愛する女性たちが集まったグループ。南串山の段々畑が望める、眺めが良い高台にお店「風の丘だんだん」で、手作りパンやメンバーが作った農水産物などを提供。

 

◆特定非営利活動法人ちいきのなかま

多世代の交流と地域の人々の支え合いの「場」作りを目指して、佐世保市にシェアハウス「ウドハウス」を開設。

 

◆ナガサキ・マジェンタ100

女性が普段、気軽に身につけてもらえるデザインで、毎日が楽しくなるような長崎産の真珠や珊瑚のアクセサリーを製作。

 

◆対馬いかの娘町(こまち)

対馬特産のイカを使った新しいお土産品の製作、民泊体験メニュー(イカ釣り体験、料理教室、対馬歴史ガイド)を拡大することで、地域の女性や漁師を巻き込み、地域活性化を図る。

 

◆大島「SOY-ne(ソイーネ)」

地域に伝わる味噌作り技術と味を守りつつ、西海市特産の柑橘類と味噌を合わせた新製品の開発と、食育ボランティアとして食の大切さを伝え、地域とのコミュニティを大切にしていく。

 

◆特定非営利活動法人 せかい卵

「教育と福祉で癒しの島を目指す!」をモットーに「不登校」「発達障害」「引きこもり」支援を行う。困り感を抱えている人たちが生きやすい社会は、すべての人にとって生きやすい社会と考え、「島を出て行く人が戻りたくなる、都会に住む人が移住したくなる、住んでいる人が自慢したくなる癒しの島」を目指した活動。

 

◆アートコミッション・ナガサキ

女性が中心となって、仕事や子育て等を両立しながらアーティストやミュージシャンをサポートし、アートあふれる街づくりを目指す。

 

◆ナガサキブライトプロジェクト

女性起業家が連携していろいろな分野にネットワークを広げることや、これから起業を考えている女性たちの人材育成を目的としています。

 

◆女船頭の「海と生きる郷づくり」プロジェクト

“海=男社会”を抜け出し、島ならではの海の魅力を女性の力で活用し、食育や航海などの体験事業と地元高齢者の見守り活動を一体的に実施。

 

◆おうち起業講座・ママフェスタ

子育て中の女性が自宅で仕事を持ち、自分らしい生き方や将来のビジョンが描けるよう、おうち企業実践中の先輩による講座や出店・交流の場となるフェスタを開催。

 

◆仲間づくりサロン「井戸端みんなでワハハ」

外出を控えがちな高齢者などを対象に、スタッフとともに、ちぎり絵やiPad体験、歌などのレクリエーションで交流し、地域とのつながりの中で生き生きと過ごせる居場所を提供しています。

 

◆お母さんがプロデュース!こども職業体験事業~キッズアイランドごとうれっとう~

地域活動を支えるマンパワーが不足する島で、子育て世代の主婦層が中心となって、まちを巻き込んでのこども向け職業体験イベントを企画・運営。